アマチュア無線を楽しむ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【バーチカルアンテナの利得は?】

<<   作成日時 : 2014/11/24 20:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

今日は1局も交信しないアマチュア無線がお休み近い状態でしたが、頭の中は半分はアマチュア無線です。

さて、いつも移動運用で使っている長さ9.8m、高さ2mのバーチカルアンテナの利得はどのくらいなのでしょうか。

理論は苦手です。高周波アースは、車のボディにマグネットシートにアルミ箔を貼ったもので静電結合させています。
アルミ箔の面積は合計で0.2m2くらいです。

MMANAで、このようなアースはどのように考えたら良いのでしょうか。
適当にMMANAのメディアの設定画面で、グランドスクリーンにチェックを入れ、ラジアル10本、半径0.5mで入れてみました。結果はこのような感じになりました。

でも3.8MHzで利得が高めなのは変ですね。

ただ、海辺で使う体感では、7MHz〜28MHzはこのくらいはありそうです。

画像


車の静電結合アースはどのように考えたら良いのでしょうか。詳しい方がいたら是非教えてください。

ラジアル30本だとこんな感じになります。
画像



【11月29日追記】

一番知りたいことはなにか?移動運用でバーチカルアンテナの性能をいかに引き出すか。


バーチカルアンテナを理想の状態で使おうと思えば、完全導体に近い海の中に設置したら良いのですよね。
しかし、海の中には簡単には設置できません。
まず、完全導体上でのシミュレートをおこない、あとはどうしたら完全導体に近づけることができるかを考えたほうが良いでしょうか。当局の場合、給電点高さ約2mで長さ9.8mのバーチカルをアンテナチューナに接続、アースは
自作アースマット3枚で車の屋根に静電結合としています。場所は海辺から10mは離れていないくらいです。この状態で3.5MHzも7MHzも50Wで、それなりに飛んでいるような気はします。ただ、アースやカウンターポイズを強化することでさらに飛ばせるのかという点が課題です。


MMANAで地上高さ0m、完全導体でのシミュレートをしています。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ここに書くには長くなり過ぎますので、私のブログに書きます。
回答になっているかどうか、またご存じかも知れませんが、ご一読ください。
JL3LSF
2014/11/25 20:53
LSFさん
 拝見いたします。
JH9DRL
2014/11/26 20:44
この前は私のブログ記事にコメントいただきありがとうございした。私からも今回のMMANA計算結果の一部とアンテナのアース回路について、今回コメントしたいと思います。但し、長文ですので
http://jo3krp-o.at.webry.info/201411/article_25.html
以下の記事で書いていきます。こちらでご覧ください。
JO3KRP
2014/11/28 08:49
JO3KRPさん、勉強させていただきます。
JH9DRL
2014/11/28 19:36
あ、ホントですね。
いつも携帯で拝見しているので、計算結果の細かい数字を読んでいませんでした。
これは計算できていません。
失礼しました。
もしjパートが本当にこのような値なら使い物になりませんね。
聞こえない、飛ばない、周囲の影響を受けやすく不安定なアンテナでしょうね。
JL3LSF
2014/11/28 22:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
【バーチカルアンテナの利得は?】 アマチュア無線を楽しむ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる