アマチュア無線を楽しむ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【80mアンテナデビュー】

<<   作成日時 : 2014/12/07 14:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

予定の4時より早めに目が覚めた。

寝てるときはとても静かな感じだったので雪が降っていないの思っていたが深々と降っていた。
 
ただ、風もないし雷もない感じだったのでアンテナは立てれそう。

楽しみにしていたし、出動。
画像


現着、まだ雪は降っているが、、ゴアテックスのカッパ、長靴、暖かい恰好で問題なし。

垂直ポールはとりあえずステーなしとしたので垂直にならず、魚がかかった竿のようにしなるが
ステーを張ると他の方がくると邪魔になるので妥協。絵に書いたようには設置できないです。

 
画像


さっそく聞くがあまり交信相手がいない。

80mはあまりにも相手がいないので、40CでUT6局と交信。
80mで交信相手を探すJT1局が出ていて強かったがスルーされた。VR2も過去に交信済。

本命のヨーロッパ局が聞こえた。OK2RZ局。こちらにはS7で入感。相手からは479ももらった。
こらちの信号は弱いはずだが、良く拾ってもらえた。
ツイッターで、教えていただいたが、QRZ.COMでOK2RZ局のアンテナを見ると気合が入っている。

他にも、聞こえる局がいたが、呼べるような強さでなかった。

【5時〜9時までに交信できた局】

 80C OK2RZ
 40C UT6UD
 30C S59AA(2回目だった)、LU7YS
 12S W1AW/9

 なんとか80mで1局できたが、やはり難易度高いね。
 前に、OMさんが21MHzとかは高校生、大学生に任せておいて大人はローバンドで、って言っていたのを思い出した。
 
 でも、本日は30mのLUのバンドニュもありなんとか収穫があって良かった。
 80mのDXは前途多難。 

 帰ってきてQRV時間のクラスターみても今日は交信相手が少ない感じだった。
 
画像

 
 偶然だけど昨年の80mDXデビューのブログから、ちょうど1年だった。1年間ほとんど80mDXやってないけどね。




 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
18m釣竿の使い勝手、大変気になっていました。
一人で建てられるのか、まっすぐ立つのか、スットン(落下)が起きないか・・・等々。
スットン対策は講じてらっしゃいましたが、やはりまっすぐ立てるのは難しそうですね。80mの1/4λというのは大変に魅力的なんですけどね。
JR0ELG
2014/12/07 22:05
雪の中の海岸移動風景、なかなかの迫力でFBですね。
この逆L、いわゆるAKIスペシャルですが、以前からヘアピン状に折り返すのとどちらが良いのか比較したかったのですが、できずに今に至っています。
機会があれば試してみてください。
それから、実は偶然発明(発見?)したヘンテコリンアンテナが80mで非常に良く飛ぶのですが、理論的によくわからないので公表できずに今に至っています。
JL3LSF
2014/12/08 05:03
ELGさん こんにちは
同じように18mポールに不安は少し持っていました。
でも、重量的にジュラルミンポールよりも軽いのでなんとかなるのではないかと。結果、一人で建てるのは全然問題ないです。
ただパイプが太いのでタイヤベースのポールを入れる部分は太いものに交換(注文)しました。まっすぐ建てるのはステーを張るところがあればできますけどね。風があるときは相当しなるので避けたほうが良いのかも。 
JH9DRL
2014/12/08 07:58
LSFさん こんにちは
この逆Lと垂直エレメント長さ15.5ⅿだけのものMMANAで比較すると利得に変化がでません。水平部分の輻射が追加されるくらいの変化になっています。もちろんインピーダンスなどは大きく違ってきますがアンテナチューナー併用だと垂直15.5だけでもそれなりに飛ぶのでないかと思っています。

ヘアピン上で折り返すっていうのは、エレメント間をどのくらいのスペースにするのでしょうか?勉強してみます。

ヘンテコリンアンテナ気になりますね。公表できるようになったら良いですね。大発表になったりして。
JH9DRL
2014/12/08 08:09
気になるアンテナを見つけたのでメモで張っておきます。
http://qrv.jp/7M1FCC/EF-180BV/
JH9DRL
2014/12/08 08:20
水平部分の輻射がよろしくないと思いますので、それならいっそ水平部分のない15.5mだけで良いという、多少雑な理解でも大きくは間違っていないかと思います。

折り返しと言えばSteppIR社のお得意分野ですので、これを参考にすれば良いかと思います。
幸いCrankIRというそのものズバリの製品がありますので、このカタログから推測すると、間隔は1m程度のようです。
このアンテナはマルチバンドであるものの、間隔は一定なので、それで良いのでしょうね。

ヘンテコリンアンテナも一種のリニアローディングかと思いますが、それだけでは説明がつかない点もあって、未解明です。
JL3LSF
2014/12/08 21:45
折り返しアンテナの件、了解です。

今は横着こいてアンテナチューナーに任せているので、短縮エレメントとした場合、チューナー損失も大きいので80mの時はQの大きいコイルをつけようと思います。
JH9DRL
2014/12/09 12:39
18m釣竿、一人で建てるのはそんなに問題ないようですね。
また、DRLさんとLSFさんの議論を読んでいて、CrankIRと基部接地型アンテナの構造が似ているようにも思えてきました。

ちなみに、私は垂直部10m、水平部30mの160m用逆Lというのを張ったことがありますが、DXはぜんぜんダメだった記憶があります(国内は出来ますが)。コイルで10mまで短縮した単純なバーチカルのほうがよっぽど使いものになります。
JR0ELG
2014/12/09 22:37
私も、WW160で同じくらいの逆Lを張りましたが、飛びは今一でした。今度のWW160では、一考要です。

アンテナは考えるのが楽しいですね。
JH9DRL
2014/12/10 22:18
160mのAKIスペシャルが今ひとつというのはよく聞く話ですね。

ELGさん、冴えておられます。
CrankIRのような折り返し型と、基部接地型とは実は全く同じです。
なぜならば、折り返ってきたエレメントの先端の電圧はゼロなので、接地しようがしまいが同じなのです。
基部接地型は、エレメントの下端を積極的に接地しましょうというアンテナではなく、接地されてしまっているタワーにはこうすれば給電できますというアンテナなんですね。
JL3LSF
2014/12/11 09:41
AKIスペシャルが飛んだのは抜群のロケなどに助けられた場所なのかもしれませんね。CrankIRと基部接地型折り返しアンテナ、ネットで調べてようやくわかってきました。

とりあえずローディングコイルを作って160m、80mで使えるバーチカルにしようと思います。
JH9DRL
2014/12/11 21:43
LSFさん
「エレメントの先端の電圧はゼロなので、接地しようがしまいが同じ」
なるほど〜。これで腑に落ちました。自宅の10m釣竿でも何か実験できそうな気がしてきました。

DRLさん
私の10m釣竿の根元にコイルを入れた短縮バーチカル+50Wでも160mでWが出来ています。がんばってください。
JR0ELG
2014/12/12 00:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
【80mアンテナデビュー】 アマチュア無線を楽しむ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる