アマチュア無線を楽しむ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【20m・17mデュアルバンドVDA (Vertical Dipole Array)製作】

<<   作成日時 : 2016/01/11 21:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

【20m・17mデュアルバンドVDA製作】

タワーのあるDXerには関係ないかもしれないが、タワーのない弱小局のDXには限界がある。
出力も100〜200Wあれば余裕もあるが当局のように50W制限ではアンテナを工夫するしかない。

ベランダの釣り竿アンテナや移動の八木アンテナも使ってきているが、釣り竿では聞こえない局も多い。移動八木は
モノバンダーなら軽いが、マルチとなると重くてダメ。また八木は地上高さが低いと打ち上げ角も高くあまり飛ばない。スパイダービームはそれなりに設置が大変。

ということで、最近のペディションで使用されているVDAが気になっていた。

詳しくはJJ1RJR/KG2Aさんのサイトが詳しくわかりやすいです。

http://air.ap.teacup.com/jj1rjr/406.html

しかし、ペディション局を狙うにモノバンダーでは厳しいのでデュアルバンドを狙うことにした。
マルチもと思ったが、まずはデュアルで試してみよう。

年末に、作成した簡単な図面。
画像


購入したものは、アルミ線40m。あとはすべて手持ち材料で。

上階の子供と遊びながらの製作になったが、とりあえずこんな感じ。
風がある場合は、太い下部のポールを使ったほうがよさそう。
今回下部の2本のポールは延ばさず。

画像


製作後SWR測定。14MHzが良い感じ。
画像

画像

18MHzは19MHzに共振し何か見直しが必要そう。
また後日に。

とりあえず、試運転で20mSSBでLU6YED局が聞こえていたので呼ぶ。数局分待ったが交信成功。

続いてOK2RZ局。こちらは以前に80Cで交信している。ロングパスの入感だった。こちらも数局待ち56のレポートをもらい579を送信。プリフィックスを最後のほうまで間違えていたからたぶん実際の了解度は3から4だろうな。
サイドの切れを確認するため90度振ったらノイズで相手局は了解度1まで落ちた。

短い運用だったので性能はつかみ切れなかったが、それなりに良く聞こえるような気がした。
今日は製作に3時間弱、撤収に40分ほどかかったが、45分で設置、30分撤収はいけそうだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
VDAを製作されたようですね。
寸法どおりに作って共振点がバンド内に収まりましたか?

私は垂直系の八木はMoxonとVDAを作ったことがあるのですが、大体いつも低目の周波数(バンド外)で共振してしまうのです。
JR0ELG
2016/01/12 00:28
寸法どおり作って20mは、14.030が共振点でした。
少し低め共振ですね。17mは全然変だったので何が原因が追究要です。VDA良い感じでした。いつもの18m長ポールを使っています。
JH9DRL/2
2016/01/12 20:07
寸法どおりに作って14.030ならば、CWをやるにはドンピシャの共振点ではないでしょうか。すばらしい。
私も垂直Moxonでデュアルバンドを試みたことがありますが、うまくいかず頓挫してしまいました。原因は良く分かりませんが、エレメント相互のなんらかの干渉がある気がします。
マルチバンドVDAは、スパイダービームの垂直版だと思うので、どこかに最適解があるような気がしますが・・・。
JR0ELG
2016/01/13 00:23
14MHzは寸法どおりで確かにドンピシャ。上階の子供に引っ張られたので少し伸びて低めになったかもです。
18MHzは19MHzに共振点があったので、エレメントと切断ミスも否めません。車の中に置いてあるので今度測ってみます。
スパイダービーム垂直版だからブームが少し長くなりますが3エレもありなのかなって考えています。
JH9DRL/2
2016/01/13 18:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
【20m・17mデュアルバンドVDA (Vertical Dipole Array)製作】  アマチュア無線を楽しむ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる