アマチュア無線を楽しむ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【コモンモードノイズ対策の実験】

<<   作成日時 : 2016/06/26 14:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

弱小局がDXするには、まずは耳を良くすること。

インターフェア対策として、コモンモード側の対策として、電源ラインのコモンモードフィルタ、給電線ラインのコモンモードフィルタ対策パッチンコア等、相当実施しているが、コモンモードのノイズに対してどくらい効果があるのか試してみたかった。パッチンコアの数も多いので、一度外すのは面倒ですが一度やってみましょう。

いろんな周波数で試してみたら良いのでしょうが、ノイズで困る周波数は1.8MHz、3.5MHz、7MHzなので
今回は代表で7MHzで試してみます。

【条件】

・周波数7.000MHz
・LSBモード
・プリアンプON
・帯域300Hz〜5000Hz
・ノイズブランカ OFF
・アンテナ ベランダ 4mH 20m長バーチカルアンアテナ

【STEP1】
コモンモード対策をすべて外す。S9です。
ノイズ多いですね。貴局はどうですか。
https://youtu.be/0C-3Zu8t8LI

【STEP2】
市販のコンセント用ノイズフィルタ装着
残念ながら、今回は変化ないですが効果があるときもありました。
画像


【STEP3】
電源用コモンモードフィルタを追加
こちらも今回は変わらず、でも変わるときはあります。
画像




−実験中 ノイズが増加し、S9+5dBに増えました、周期性はありませんが我が家か上階宅か近所さんからのノイズ増加ですね。
https://youtu.be/6Oo9hLaayQk


【STEP4】
アンテナチューナー用電源線用ケーブルシールド線の両端を接地。両端ともパッチンコアあり。
こちらも変わらず。ノイズ対策としては気休めだったかな。

画像


【STEP5】
同軸用コモンモードフィルタを追加
S9弱のノイズがS8に
画像


【STEP6】
同軸用コモンモードフィルタを1個追加
ノイズは変わらず。
画像


【STEP7】
同軸用コモンモードフィルタを外し、ATU直下にパッチンコアを5つ
S9弱がS8にかな。
画像



【STEP8】
このあとパッチンコアを10個〜50個まで増やしますが、そんなには変わりません。


【STEP9】
同軸用コモンモードを挿入し、無線機側に自作コモンモードやパッチンコアを追加します。
変わりませんかね〜。

https://youtu.be/juc9wwxc5a0


【まとめ】
今回の7MHzの実験では、パッチンコア5つ程度か、コモンモードフィルタ1つで、コモンモードノイズがとれる感じでそれ以上は効果が少ない感じでした。
周波数やノイズ環境によって違いは出てくると思います。

ただ、当局の場合インターフェア対策としてコモンモード対策を実施しているので、自然にノイズ対策にもなっているようです。

コモンモード対策後の、今日のノイズレベルをメモっておこう。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【コモンモードノイズ対策の実験】 アマチュア無線を楽しむ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる