アマチュア無線を楽しむ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【2m用5エレ八木2号機作成】

<<   作成日時 : 2017/05/08 21:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

【5/7】

今日はゴールデンウィークの最終日だ。

A25UK局のATNO脱出がかなったので、DXは、しばらく脱力系。

昨日、北側ベランダ用に茶の間との間に同軸ケーブルをひいた。
そして、南側の八木を一度移動してみたが移動は面倒であり、リグとアンテナを移動して間にEスポオープンが終わってしまう可能性が大である。

そうなると北側にもアンテナがほし。南側に設置してあるモービル用アンテナを移設しても良いが昨年のBVとの実績から見ると、やはりそれなりに利得がほしい。

と言うことで、5エレ八木の2号機を作成することに。

1号機はこれ→ http://49484572.at.webry.info/201704/article_1.html

1号機との変更点は、ブームを20mm角パイプから15mm角に変更。
理由は軽量化とわずかなコストダウン。

さっそく、材料を調達。

3mm×1m アルミパイプ 4本 170円×4本×1.08=734円
6mm×1m アルミパイプ 1本 246円×1本=246円(内税の店)
15mm×4m アルミパイプ1本 1580円+200円(カット代)×1.08=1,922円

合計 2,902円なり。
ホームセンターで買うと高つきますが、問屋から長尺物を買うと送料が高いので今回もあきらめです。

15時過ぎから製作開始し、17時20分で完成。
1号機は3時間かかりましたが、2号機は40分短縮。

画像


さっそく特性を図ります。

画像


1回目の測定後、ラジエターの長さを微調整、2回目の測定後リフレクター長さを微調整、3回目の測定でほぼ狙いどおり、夕食の時間も近づいたのでこれで妥協しました。
画像


今回作った八木アンテナのメモです。

画像


性能重視ではなく、作りやすさ重視なのでマッチングは直接接続、シュペルトップを採用しています。

アンテナの性能は?ですMMANAでこの寸法を入れても測定どおりの結果にはなりませんでした。
性能は全く保証できませんのであしからず。
また、3mmパイプは細いのですぐに曲がります。まじめに作る場合は5mmくらいはあったほうが良いですよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
2mのDX狙いも頑張ってますね。
DX用なら水平偏波のほうがよさそうな気がしますが、ローカルQSOにも共用ですか?
JG1LFR
2017/05/10 13:02
そうですね。水平偏波もありでした。頭が固かったです。ありがとうございます。
JH9DRL/2
2017/05/10 21:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
【2m用5エレ八木2号機作成】 アマチュア無線を楽しむ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる