【久々にVDAの出番 30C C5DL局、準ATNO】

クラスター上、C5DL局を見かけます。 http://www.dl7df.com/c5/

C5はATNO扱い、1981年に、10W+スイスクワッドでC5AEG局と15Sで交信はしていますがQSLは回収できていません。

https://49484572.at.webry.info/201512/article_3.html


自宅のノイズ環境では聞こえないので、交信するには移動しかありません。

ツィッター上で、C5DL局の信号レポートがありました。いつもの長いバーチカルでは力不足のような気がします。

久しぶりにVDAの出番でしょうか。

【4月6日(土)】

風が強い予報でしたが夕方には弱くなりそうなので移動を決定。

久々にVDAを使います。マストクランプが薄い金属製だったのですが取り扱いに気を遣わなくてよいように、プラの100円まな板を切って作成。

15時30分 アンテナ設置完了、飛びチェックで30FのE6AF局を呼んで4コールで交信成功

15時50分 30FでZR1ADI局と交信成功、スロットニュー

16時40分 30FでEA9ACD局と交信成功 バンドニュー、これで移動坊主は逃れました。

16時55分 本命のC5DL局の信号が確認できました。ピークでS4の入感です。

そう強くはないので、パイル的には小さいようです。 

送信周波数をいろいろ変えて呼びますがなかなかとれません。

海側の方向なら相当有利なのですが、ロングパス方向は北アルプスがあります。


17時28分

UP2.7にて JH9でリターンがありました。JH9DRLのみ再度送信。今度はフルコピーされました。
        
R5NNTUのみ返し交信成功。 ATNO扱い解消です。


画像


画像



交信後の信号

https://youtu.be/NkQNcz4PMlM

18時26分 VI9NI局が40Fに出ている情報をツイッターで入手。

VDAのリフレクターをバーチカルにして交信成功。

スロットニューでした。INFO TU~。

19時00分 160mのVI9NI局を狙いたいですが、出てくるか?なのでQRT。

19時30分 撤収完了。

ATNO扱い1つ,バンドニュ1つ。


最近では大漁だったかな。   
     

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック