【6m & DOWNコンテスト 深夜帯を除いて参加】

ちょっと遅くなりましたがメモを。

IC-9700を入手して1200MHzが出れるようになったので、オールバンドで参加してみましょう。

昨年は、狙っていた訳ではありませんが、結果して電信電話マルチの全国最下位スコアでの入賞(9エリア1位)になりました。
https://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/6m/2018/winner.html

今年も入賞を狙うつもりではありませんが、昨年よりスコアを伸ばしたく、目標の局数は100局。

そのため、2エリアのアパマン時に作った144MHzの5エレと20年以上物置きにしまっていた430MHzの15エレを仮設することに。

仮設のイメージをメモります。
いかに楽して上げるか。いつもそんな感じです。

D-xXGRqUwAAdbuG.jpg
イメージに基づき、グラスポールのマストを準備。

セット完了です。テモテーターですが意外に格好良い感じ。

なんか飛びそう。
D-x11ROVUAMZ-nc.jpg

隣の部屋を通じて同軸を窓から入れているので、同軸は通路に。

D-yG1xJUwAIGLpK.jpg

【1日目】


21時にコンテストがスタート

1局は、144MHz FMでのJA9YNN/9局です。

6局目は、144MHz CWでのJR8OXT/1 群馬局です。
1エリアでも富山県に近いほうの県ですがとても強かったので、相当ロケが良いところへの移動かと思います。

13局は、コンテストでは初の1200MHzでの交信 JR9WXV局

18局目は、144MHz CWでのJO1ZUS/1 埼玉県との交信、後で聞くとOPはツイッター友のGFHさんでした。

19局目を22時49分に。明朝、校下大での海岸清掃があるので本日ここまで。


【2日目】

海岸清掃から戻り、シャワー、食事後にスタート

21局目として、7時過ぎ 144MHz CWでJA8NNT/1 茨城県局と交信

【Eスポが開く】

8時30分前からEスポが開いてきます。

1局目は、JM1LNQ/1局、6エリアからも聞こえますが、こういった時にビームアンテナ一本だと困ります。

6エリアも8エリアも、マルチの宝庫ですから。

迷いながら、時々6エリアにもアンテナを,向けます。

呼び廻りでボチボチできますが、コールサインの確認が出来ない局もいて少しイジイジします。

Eスポはいつまで続くか、わかりませんからね。

昼ご飯も、後回しです。

スキャッターでも交信したいところですが、今日は風が強く配電線の碍子接触ノイズで弱い信号は聞き取れず諦めです。

6mの8エリアは、108、113、114の3つがとれず。

6mの6エリアマルチは、なんとか全てとれました。4エリアと5エリアも1局づつですができました。


ただ、スキャッターでの交信は、風が強く電力碍子のノイズの為、ビッグガンとの交信しかできずマルチが少なしです。

6mマルチ2019.png

途中で、430MHzはGPから八木に切り替えて使おうと思いましたが、なぜかSWRが無限大で使いものにならず。
どこか接触不良のようです。上げ直す気力もなく諦め。何せ20年以上使っていなかったので、今度、細密に点検してみます。

もともと、真剣にやるつもりは、なかったのですが、やり出すと夢中になり楽しめました。

144MHzの5エレも、まずまず働きだったので、もう少しエレメントを増やしてみようと思います。

コンテスト終わり間近に144MHzのニューマルチ17県を見つけ、終了20秒前にコールしましたが、QSO終了は10秒超過だったので
ログインできず。残念。

コンテストが15時に終わり、速やかに仮設アンテナを撤去。

【結果】

結果、次の通りで、目標の100局は達成。

人口が少ない9エリアで且つ山に囲まれた富山県なので交信局数は少ないです。

結果は以下のとおり、中途半端な参加でしたが、事前準備も含めて、真剣にトライすることも大切だと感じました。

コンテスターは、限界への挑戦が究極の楽しさなのだろうと実感。


20190707.png


この記事へのコメント