【2020年夏至の6m】

昨年は夏至前後に2回移動運用しましたが成果が上がらずでした。

マルチホップはコンディション次第。
今年は、固定運用で狙います。やはり固定局はトイレも近いし楽です。

6月13日にアンテナの高さを1.5m上げ14mHにしました。その成果はいかに。

下の図は6月21日の受信状況(部分日食の影も表現されています)
EbBV5ZPU4AA5H44.jpg

しかし、とにかく電波が届きません。PSKREPOTERを見ても届いていません。

原因は、国内から呼ぶ局が多すぎでQRM状態で弱い電波は潰されます。

作戦は、割と空いている323を使うかQRMのない周波数を探して送信する。それしかありません。

今日はなんとか、S50A局とPA5Y局のバンドニューができました。なんとも難易度の高いDXです。

夏至を折り返しますが、まともに楽しめるのは後2週間くらいでしょうか。

20200621.png

できれば、バンドニュを、もう2~3つQSOしたいものです。

6mのDXCCは、今日でようやく、50Workedです。100なんか絶対できない気がしますが、サイクル25のピークくらいまではとりあえず楽しんでみましょうか。


【VUCCのJA局リスト】
VUCCの申請者ってJAで、どのくらいいらっしゃるのか調べてみました。たったの13局。楽しみがいのあるアワードだと思うのですが意外でした。http://www.arrl.org/vucc-standings

50 MHz - 20 Jun 2020現在

VUCC数 CALL

706  JA7QVI
471  JM1IGJ
401  JP1LRT 
335  JF1IRW
226  JL3MCM
226  JO7WXN
138  JH7IPR
134  JA9FAI
128  JJ1IDW
106  JA9KRO
106  JR3UIC
100  JA2NDQ
100  JH9DRL


【おまけ】
今日は夏至でもあり、部分日食の日でもありました。
ちょっと遊びで、QSLカードのコールサインの部分に千枚通しで穴を開けて、そこを通過する光を黒い紙に映し日食前と日食時を比較してみました。開けた穴がいい加減でしたが、下の写真のように欠けているのがわかります。今度、部分日食を見られるのは10年後とか。

【部分日食前】
EaW-SK1UwAAzYSz.jpg

【部分日食時】
EbBXgbjU8AAppN3.jpg



【6月19日、DL1YM局への入感状況】・・Yoshiさん、画像掲載ご了解いただきありがとうございます。

DL1YM局への入感状況(06:16:45UTC)をツイッターで教えていただいたので、ここに掲載します。

213ではJR2WYD局がコール、208では当局が73を送っています。
周波数は随分かぶっていますがDL1YM局にはデコードされています。
ちなみに、水色はローカル局の信号です。Eスポはスポット的ですし、デコードされていないQRMもあるので
なんとも言えませんが+0で届く信号はVY FBですね。

20200619.jpg


下記は、06:16:15UTCで、同時に59局デコードされています。ツイイターのフォロワーさんのコールサインも。

凄いですね。単純に3000Hzを50Hzで割ると60ですから、ほぼフルにデコードされているような。

ここまでくると、パソコンのスペックもある程度必要な気がします。

20200619001.jpg


【FT8雑感】

WSJT-Xのユーザーガイドブックの「はじめに」には、

WSJT-Xは、非常に微弱な電波を使って通信を行うアマチュア無線用のプログラムです。

ってありますが、今のFT8は弱肉強食の世界、その中でリトルピストルがDX局をハントする楽しみが無いわけではありませんが、

DX局が、ハウンド局の弱い信号からピックアップする設定があったり、その設定で使う専用周波数があっても面白いと思うのは私だけでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント