アマチュア無線を楽しむ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【160m用短縮コイルをシャックから切換可能に】

<<   作成日時 : 2017/01/21 16:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

80m用バーチカルのエレメントだけでもATUで160mの電波がのらないことはないのですが、ATU内のQの小さいコイルを使うのでやはりロスが気になります。

そのため、塩ビの雨水排水用パイプにベースローディング用コイルを巻いて160mにQRVするときは、その都度ベランダに出て、手動で切り換えていました。

問題となるのは160m以外でそのコイルを使うと効率が落ちてしまうこと。アンテナは1本しかないので160mと他のバンドの局を同時に狙う場合、ベランダとの往復で切り換えが大変です。

以前から、切り換えれるようにしようと思っていましたがなかなか実現しませんでしたが、お空のコンディションもイマイチで暇なのでようやく動きだしました。

まずは、頭を整理するため簡単に回路をメモ。

画像


次は材料の手配です。

・リレーまでの電源線としてインターホン用の線。

・160mと他バンド用切換用手元スイッチ。(ホームセンターで160円なり)
画像


・電源用ヒューズBOXとヒューズ

・切換用リレー(c接点)・・アマゾンで中国製リレ−を
 リレーは多少の雨がかぶっても使えそうなものを選びました。
画像


リレーは中国から来るようで納期がかかるので、リレー接続以外の作業を済ませておきました。

19日リレーが到着。さっそく取り付け完了。

21日、せっかくなので80mと160mで1/4λで共振するようエレメントとコイルを微調整。
両方ともATUスルーでも使えるくらいになりました。

見栄えが悪いですがこれで完成です。やはり手元スイッチ一つで切換できるのは、とても楽です。
電源回路は周り込み防止用にパッチンコア5回巻×2個を入れています。


画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【160m用短縮コイルをシャックから切換可能に】 アマチュア無線を楽しむ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる